RSS

AV女優も在籍していることがある!?

AV女優が在籍していることもある!?AV女優と遊べるなんて…すごい時代ですね♪

高級ソープを体験したことがある人は、みな口を揃えて「格安ばかりではなく、一度は高級ソープに行っておけ」と言います。

ソープランドには値段によってランクがあり、格安店から大衆とか中級とかを経て高級店、超高級店という風に分けられています。
当然高級店や超高級店ともなれば一度に掛かる費用というのは跳ね上がるわけですが、それに見合うだけの満足感を得ることが出来るというのです。

風俗なんていうのは娯楽の一つですから、当然終わった後の満足感というのは非常に大事で、それを基準に店を選ぶという人もいるでしょう。
高級ソープというのは一体何がそんなに違うのでしょうか。

高級店と格安店の違いというのは多々ありますが、よく言われるのがお店の内装や外装、消耗品といったことや、最寄り駅の送迎の有無などです。

また、サービス面に関しても大きな違いがあって、高級店の場合は基本2時間が一度のプレイ時間となります。
格安店の場合ですと40分~60分が普通ですから、腰を据えてじっくりと楽しむことが出来るのが高級店の魅力なのです。

また、行われる行為についても違い、格安店ではソープの醍醐味であるマットプレイも時間の関係上省略されることも珍しくありませんから、本当にソープランドという風俗を楽しみたいのであれば、あまり良い選択とは言えないでしょう。

しかし、高級店であれば時間に余裕があるのでマットプレイは当然のこと、コンドームをつけないで生でのプレイが一般的です。

また、即即と呼ばれる入浴前のプレイもあって、これらが高級店で味わえるサービスの代表です。

それ以外の高級店の利点というと、女性の質という面です。
顔やスタイルが良いというのは当然のことで、中には現役AV女優が在籍していることもあります。
風俗に興味があってAVを観たことが無いという男性もいないでしょうし、そういった方であれば必ず一人はお気に入りのAV女優がいるかと思います。
AV専門ではなくソープなどの風俗と両立されている女性も多く、在籍していれば実際に相手をしてもらえるのです。

現役AV女優というと、この業界ではそれだけで一つのステイタスのようなもので、風俗も両立させていた場合はほぼ間違い無く高級店以上で働いています。
意外にもAV女優としてかなり人気の方であっても風俗と掛け持ちをしている人が多く、そういった方はAV同様人気が高く予約を入れるにも一苦労ということもあるようです。
大衆店以下ではまず出会うことの出来ない女性と出会うことが出来る、こういったことも高級ソープの満足感へと繋がっているのでしょう。

福原ソープのAV女優在籍情報

 

2015年2月12日 投稿先 ソープランド・風俗

タグ: ,

不安や疑問が多くてソープランドに行きたくても行けない男性の疑問を解消!

男性ならば誰しもソープランドに行ってみたいと思うはずです。
一般女性では到底及ばないほどのハイレベルな性的サービスが提供され、高い興奮と快感を得ることができるソープランドは、男性の娯楽の王様だといえます。

しかし、ソープランドに対しての知識がなく、疑問や不安が先走っていまだにソープランド未経験の男性も多くられるのも事実です。
そしてそれら疑問からくる不安のほとんどは、誤解と思い込みであり、事実を知るとすぐにでもソープ街へ突撃してしまうはずです。
ここでは、ソープランド未経験の男性の疑問や不安を解消するための質疑応答形式で解説しています。

●ボッタクリが怖い
ソープランドに対する誤解で最も多いのが「ボッタクリ」です。
しかし、これまでソープランドでボッタクリが起きたという事例はなく、どこからそういった悪い噂がたったのかが不思議なほどです。
ソープランドは地元警察に営業届を提出しているまっとうな商売であり、ボッタクリなどしようものなら、すぐに摘発を受けてしまいます。

おそらくは闇風俗などもぐりの店と混同されているのでしょう。
またキャバクラのように、帰るときに精算するのとは違い、ソープランドは前払い制です。
長システムもありますが、現在ではほとんどのお客は利用せず、前払い料金のみで遊ぶが常識です。

慣れた人ならば、システム料金だけを持って来店することもあるほど、ソープランドの料金体系は明瞭なのです。

●セックスが苦手
ソープランドはもちろんセックスをするところですから、セックスに自信がなかったり、あるいは女性経験のない男性がコンプレックスを感じて利用しないということもあるようです。
しかし、これは全くの逆であり、ソープ嬢はすべて「セックスのプロ」であり、セックスに自信がない男性でもうまくリードしてくれます。

また、童貞の男性の筆下ろしなどは逆にソープ嬢は喜んで迎え入れてくれます。
むしろ童貞喪失には、一般女性よりもソープランドの方が向いているかもしれません。

●女性との会話が苦手
セックスだけではなく、女性との会話が苦手な男性も多いはずです。
これもソープランドでは必要のないスキルです。
ソープ嬢はどんなタイプの男性にも合わせようとする接客のプロですから、会話が苦手な人でもまったく問題ないのです。

これは男性がリードするコミュニケーションを求めてしまう一般女性の感覚のせいであり、ソープ嬢は会話が苦手な男性客を見下したりすることもありません。

●性病が怖い
「性病」の問題もソープランドに対する不安として多いものです。
ソープランドは一般女性もよりも遥かに性病に対しての防御策を持っていることはあまり知られていません。
ソープランドにおいて、ソープ嬢は大切な商品であり、ビジネスのコアなわけですから、それも当然のことなのです。
医療の知識がある人ならばご存知でしょうが、実は性病を引き起こす菌類やウイルスは非常に感染率の低いものなのです。
それなのに広く伝染してしまう原因は「正しい知識の不足」です。
ソープ業界全体が性病に対しての正しい知識を持ち、感染を未然に防ぐために何重もの予防線をはっています。

むしろ、一般女性と性行為をするよりも安全という専門家の意見もあるほどで、性病が怖くてソープランドに行けないというのは完全な間違いであることを知っておきましょう。

●まとめ
ソープランドは全国に何千店もあり、60年もの歴史があります。
行くのが怖いほどの危険があるとしたら、すでに業界自体が消滅しているでしょう。
ソープランドは風俗業界全体で見ても安全でトラブルを起こさない風俗業態なのです。  

 

2019年7月18日 投稿先 ソープランド・風俗

元号『令和』の時代ソープランドはどう変わるのか

元号が変わり「平成から令和」へと時代は移行します。
元号とは不思議なもので、明治・大正・昭和・平成と、各時代に特徴のようなものを感じるものです。
時代が変われば風俗も変わります。
もちろん風俗業界の中心的な存在である「ソープランド」も時代に沿った変貌をすることは間違いのないことでしょう。
ここでは、元号の変わり目の現在、「令和時代」のソープランドがどういった変貌を遂げるのか予想してみました。

●ソープ嬢の質の予想
昔のソープ嬢というと「おばさんでぽっちゃり」が定番でした。
ところが平成時代に入って突然低年齢化し始め、そしてソープ嬢のレベルが高くなっています。
その理由には様々なものが考えられていますが、令和時代に入ってもその変化はさらに拍車がかかる言われています。
それは”女性の性に対する価値観の変化”が理由です。

昔は「女性がする最後の仕事」などと職業蔑視をされてきたソープ嬢ですが、ここ数年は「あこがれの職業」になりつつあると言われているのです。
また、衰退するAV業界からの女優の流入によって、ソープ嬢のレベルはさらに高まるものと予想されます。

日本は現在でも女性が成功しにくい社会構造を持っているので、ソープ嬢予備軍の潜伏数はかなりのものだとも考えられています。

●プレイ変遷の予想
一時期からソープランドはフェチシズム・カテゴリー志向に変わり、細分化されています。
低年齢・熟女・コスプレ・痴女・SM・イメクラなど、様々なジャンルが林立しているのが、現在のソープランドの実態です。
この流れも令和時代にはさらに加速するはずです。

アニヲタ系・ドルオタ系・メンヘラ系・ブス系・ぽっちゃり系など、過去にはなかった様々なジャンルの誕生が予想され、近未来的な様相を呈することはまず間違いないでしょう。

ソープランドの経営陣は、時代の流れを読むプロですから、これまでアングラだったオタク文化に適合するようなサービスがすでに姿を見せ始めているのです。

また、IT技術の進化によって、すでにAV業界では「VR・AR」などの技術が普及し、驚くような作品が姿を見せています。

時代の流れに敏感なソープ業界ですから、こういったIT技術を取り入れたプレイが出るのも時間の問題ではないでしょうか。
すでにロシアでは「セックスロボット」による性産業が始まり、物議を醸しているようです。
テクノロジーの進化によって、人間の性欲との対峙の方法そのものが変わってしまうかもしれませんね。

●店舗サービス変化の予想
インターネットの普及によって、平成初期と後期ではソープランドの宣伝媒体に大きな革命が起こりました。
現在のソープランドの旺盛もまた、インターネットがバックボーンとなっているのです。

ネットの進化はまだまだ続いていて、世間の人が想像もしていなかったネットサービス・ビジネスが常に誕生している現状です。
ソープランドを始めとした風俗業界も間違いなくその技術を取り入れますから、デジタル化に拍車がかかることは間違いないでしょう。

インターネットは絶対に不便さをもたらしません。
確実に便利な方に進んでいくはずですから、ソープファンとしては期待が持てます。

●まとめ
あくまで筆者の”予想”を書いてみましたが、実現するものも少なくないはずです。
男女の恋愛経験率の低下によって、ソープランドを始めとする性産業への需要も右肩上がりに増えているようです。
ソープランド業界の市場そのものが成長ジャンルであるだけに、期待感は大きくなります。

 

2019年6月5日 投稿先 ソープランド・風俗