RSS

格安ソープと高級ソープ

2015年2月12日

風俗の代表格といえば、ソープランドです。
風俗=ソープランドという認識を持っている人も多く、その知名度は間違い無く風俗でNO.1の業種です。
そんなソープランドですが、全てにおいて同じサービス・同じ値段で営業を行っているわけではありません。
ソープランドの中でもランク付けというのがあって、格安店や大衆店、中級店、高級店などとランク分けされていたりします。
その中でも、高級店というのは、やはりその他の店とは大きく違うものです。
高級ソープと呼ばれる高級店でよく言われるのは、「全体的なサービスが良い」という点です。
全体的というと非常に曖昧で、「じゃあ具体的にどう違うんだ」と思う方も多いのではないでしょうか。
極端な所で高級ソープと格安ソープで比較してみると、その差は歴然としています。
まず、お店に行くところから大きな違いがあります。
高級ソープの場合、最寄り駅などから無料の送迎があったりしますが、格安店にはそういうものは一切ありません。
例えば吉原の高級ソープであれば、上野、日暮里、鶯谷、入谷、三ノ輪、南千住、浅草、田原町、稲荷町といった周辺の駅から、お店ごとに対応している場所は違いますが、無料送迎があるのです。
吉原に限らず、高級ソープでは無料送迎があることが一種のステイタスになっているようで、どの地域でも同様のサービスがあります。
次に内装や外装で、待合室などのソファーから椅子、プレイの行われる浴室に至るまで、高級ソープの場合は質の良い物を揃えています。
ローションやソープといった消耗品は当然のことで、例を挙げればプレイに使われる俗に言うスケベ椅子というのがわかりやすいでしょうか。
格安店であれば凹の形をした椅子であるのに対し、高級店ではくぐり椅子という価格差にして10倍近い差がある椅子を使っていたりします。
そして、サービス内容にも大きな違いがあります。
まず、高級店は基本的に100分以上のお店が多く、さらに即尺・即本番といった即即プレイやマットプレイなど、いわゆる「ソープランドと聞いてイメージするプレイ」が全て行われます。
さらに、基本はノースキンでのサービスとなりますし、女性のNG行為というのも少なく性病などの検査などにも抜かりはありません。
対して格安店では、時間は40分程度となり、プレイに関しても時間の掛かるマットプレイなどは無い所も増えています。
女性のNGも多く、高級店に比べてサービスがおざなりであることも珍しくありません。
高級ソープには高級たるだけの理由があるということであり、終わったあとの満足感は大きく違うものと言えるのではないでしょうか。

 

2015年2月12日 投稿先 ソープランド・風俗

タグ: , ,