RSS

雄琴のソープ街に出店しているグループ

2018年6月15日

ソープランドというのは、基本的に2種類に大別することが出来ます。その2種類というのが「グループ系列の店」と「グループじゃない店」というもの。この2つは店選びをする上で非常に重要なポイントです。どこのソープ街でもグループ系列の店はありますし、それは雄琴ソープ街も例外ではありません。

雄琴のソープ街には、いくつものグループ系列店があります。例えば、雄琴で一番有名な高級店である「フォーナイン倶楽部」というのもグループ系列店で、OFAグループというグループが運営しています。同グループの系列店としては、他にも「アマンクロス」があります。

人気店として根強い人気を誇る「プルプルプレミアム」や「プルプルネクステージ」を経営しているのが、プルプルグループです。プレミアムが高級店、ネクステージが大衆店として、広い客層から安定したサービスが高い評価を受けています。

雄琴の誇る高級店として有名な「皇帝別館」を始めとして、格安店で遊びやすい「コウテイ」や「金瓶梅」の3つの店舗が属するのが、コウテイグループ。サービスや女性の質の両方が高いレベルにあるとして、雄琴ソープを語る上では外せない店ばかりです。

上記のグループはどれも王道のソープランドというべきものですが、ちょっと変わったイメクラ系のソープランドを経営するのがメビウスグループ。「大手町商事」や「さくらん」の両店舗では、外装や内装などに凝って独特な雰囲気を作ることで訪れる客を楽しませています。

雄琴のイメクラ系ソープと言えばメビウスグループの独壇場だった所に、近年登場したのが痴漢プ○イを楽しめるとして「みつらん鉄道0510」を出店したみつらんグループ。京都でヘルスやキャバクラ、性感エステを展開していたのですが、雄琴で初のソープ運営へと乗り出しました。とはいえ、ヘルスで十分ノウハウを蓄えてきたシステムなので、ソープでも十二分にそれは活かされていて好評です。

上記で例に挙げたグループ以外にもいくつものグループが雄琴ソープ街にはあります。グループ系列の店というのは、一定レベルである程度画一化されたサービスが受けられるということが魅力ですが、逆にグループじゃない店というのにも魅力はあります。どちらの方が良いかというのは一概に言い切ることは出来ませんが、どちらかに偏ればそれはそれでつまらない街になってしまうことでしょう。

雄琴には幸いにもグループもそうでない店も存在していますから、求めるサービスに応じて様々な店で遊んでみてはいかがでしょうか。

 

2018年6月15日 投稿先 ソープランド・風俗