RSS

ソープランドにおけるS着とNSについて

2018年10月19日

ソープランドでサービスを受ける際、コンドームを使用するかどうかというのは、大きな問題の一つです。
1~3万円の安い店ではコンドームを使用して行うS着店が多く、5万円以上になるとコンドームを使用しないNS店となるのが一般的で、これは「高級店ならばNSでも安心」という風潮があるからと言えるでしょう。

◆ 高級店でもS着店が増加中
しかし、NSが売りだった高級ソープですが、近年ではその方針が変わりつつあり、高級店であってもS着店というのも増えてきています。
日本一の有名ソープ街として知られる吉原などはその筆頭ともなっていて、吉原の高級ソープの3分の1はS着店となっているのです。

他の地域でも徐々にS着高級店は登場していて、昔のように高級店であれば必ずNSというようなことではなくなっています。
S着高級店というのは昔からありましたが、このような風潮が強くなってきたのはここ10年ぐらいのことです。

◆ 性病増加していることが関係している
こうした風潮が強くなったのは、ここ数年の性病増加のニュースが大きく影響しているのは確かでしょう。
例えば梅毒がその代表的なもので、ここ数年は年末ぐらいになると梅毒増加のニュースを耳にすることが増えています。
この梅毒増加が始まったのが2010年頃からで、それまでは年間500例程度であったのに対し、2013年には約1,300例となり、2015年は約2,700例、2016年は約4,600例、さらに2017年は約5,800例と、増加の一途を辿っています。

こうした状況になれば、当然ソープランド側も無関係を決め込むことは出来ませんし、高級店などはそうした状況に特に敏感です。
万が一にも性病患者が出たということになれば、お店の信用はガタ落ちになりますから、S着店が増えるのも納得というわけです。

◆ S着とNSはどちらが上下という基準ではない
そもそもの考え方として、「S着はNSに比べてサービスが悪い」と考えること事態がナンセンスと言えます。
むしろ、S着をするということは安全面に気を配っている証拠であり、お客さんである男性に対して真摯な対応をしているのです。

ソープ嬢は、不特定多数と体を重ねる以上お店のランクに関係無く性病リスクは高くなります。
高級店だからNSでも病気が避けてくれるという訳でもありませんから、S着でサービスをするというのは至極真っ当な方針です。
男性が持ちがちな「高級店ならNS」という先入観は、とっとと捨てるべきでしょう。

男性客がNSでサービスを受けたいと思うのはわかりますし、それが高級店であるならば、料金が高い分少しでも元を取りたいと思うのも理解出来ます。
しかし、それで病気になって苦しい思いをしてもしょうがないので、男性側もS着について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

2018年10月19日 投稿先 ソープランド・風俗